コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮子義積 みやこ よしさね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮子義積 みやこ-よしさね

1806-1859 江戸時代後期の書家。
文化3年生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)那波郡宮子の名主今村岨雲(そうん),市河米庵詩文,書をまなび,子弟におしえる。天保(てんぽう)のころ領主の堺奉行跡部良弼(よしすけ)にしたがい,禄をうけた。安政6年4月7日死去。54歳。字(あざな)は美卿。通称は右京太。号は徳庵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

宮子義積の関連キーワードナポリ王国ハプスブルク家岸沢式佐ビラフランカの和議余計者光の科学史フランツ大陸封鎖フランツ[2世]ビュルゲル