コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮平初子 みやひら はつこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮平初子 みやひら-はつこ

1922- 昭和-平成時代の染織家。
大正11年11月6日生まれ。沖縄県立女子工芸卒業後,上京して日本民芸館や柳悦孝(よしたか)の工房で染織技法をまなぶ。昭和16年郷里の沖縄県にかえり,母校でおしえるかたわら首里織物の技法を研究。戦後,首里織物の技術保存と技術者の組織化につとめ,45年宮平染織工房を設立。平成10年人間国宝。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

宮平初子の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android