コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮房田 きゅうぼうでん

1件 の用語解説(宮房田の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうぼうでん【宮房田】

朝鮮の李朝時代,王子,王女など宮家(宮房)の需要や,宮家没後の祭祀経費に当てるため設定された田地。李朝では王室は国王との血縁・姻戚関係で田地を賜給していたが,豊臣秀吉の侵入(1592‐98)による荒廃でそれが不可能となり,代償として荒れ地を免税地にして宮房に賜与した。宮房田には,土地の実効支配をする〈有土免税〉と収租権のみを所有する〈無土免税〉があった。土地管理は世襲の〈導掌〉が行い,のちにこれは権利として売買された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宮房田の関連キーワード李霆衛氏朝鮮韓国高麗茶碗李朝実録倭館亀甲船開化派史庫守旧派

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone