コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮武三郎 ミヤタケサブロウ

デジタル大辞泉の解説

みやたけ‐さぶろう〔‐サブラウ〕【宮武三郎】

[1907~1956]プロ野球選手・評論家。香川の生まれ。昭和11年(1936)阪急(オリックス前身)の創立に際し、29歳で入団。3年間の選手生活を経て、引退後は野球評論家となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮武三郎 みやたけ-さぶろう

1907-1956 大正-昭和時代前期の野球選手。
明治40年7月23日生まれ。高松商業の投手として,大正14年夏の全国中等学校野球大会で優勝。慶大でも投打に活躍,39勝6敗2分,本塁打7本の記録をもつ。東京クラブをへて,昭和11年阪急創立に際し29歳でプロ入りした。昭和31年12月11日死去。49歳。40年野球殿堂入り。香川県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

宮武三郎の関連キーワード山下実宮武

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android