コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮永虞臣 みやなが やすおみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮永虞臣 みやなが-やすおみ

1798-1855 江戸時代後期の儒者。
寛政10年生まれ。宮永正運の孫。越中(富山県)の人。皆川淇園(きえん)とまじわり,古賀精里にまなぶ。出家して諸国を歴遊,弘化(こうか)3年(1846)美作(みまさか)(岡山県)で塾をひらき,2年後帰郷。儒仏に通じ,周易にくわしかった。安政2年4月4日死去。58歳。号は大倉,半儒半仏道人。著作に「周易生音」「海防論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

宮永虞臣の関連キーワードトルストイ(Lev Nikolaevich Tolstoy)ヘルウェティア共和国ミツケーウィチゴルチャコフフェリス目黒道琢オファイトアラブ文学ケンタッキー・バージニア決議アイルランド反乱

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android