コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海防論 かいぼうろん

6件 の用語解説(海防論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海防論
かいぼうろん

江戸幕府の鎖国体制は,江戸時代中期から日本近海に出没しはじめた外国船に対して,沿岸防備の措置を講じなくては実効性が伴わなくなった。このための方策をめぐって,幕府内や民間有識者層の間に起った論議。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かいぼう‐ろん〔カイバウ‐〕【海防論】

江戸後期、ロシアの南下をはじめ外国船の来航に刺激されておこった国防論議。工藤平助林子平本多利明らの論説が出て、幕府も北方探検を行った。その後、状況の緊迫するなかで佐久間象山高橋景保ら論者が続出した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

海防論【かいぼうろん】

18世紀半ば以降西洋強国の船の日本近海出没,北方紛争などを契機に対外的危機を鼓吹すると同時に,その克服を目ざして展開された議論。狭義には対外的軍備拡充論をいう。
→関連項目異国船打払令海国兵談

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かいぼうろん【海防論】

18世紀後期以後,西洋強国の日本への接近に対応して,対外的危機を鼓吹すると同時に,その克服を目ざして展開された議論。狭義では対外的軍備充実論をいう。いわゆる鎖国制度の成立以後,国際情勢は大きく変わるが,18世紀後半になると,まず北方からロシアが南下し,19世紀に入るころには,次いでイギリスが接近し,漸次対外的危機が問題となる。ただ,初期にはそれはまだ少数の識者の動向にすぎなかった。また西洋強国の海外への領土拡張が強く危惧されつつも,遠方の彼らから直接に軍事的侵略をうける危険は,必ずしも問題となっていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かいぼうろん【海防論】

江戸中期以降、ロシアを初め諸外国船の日本近海出没に刺激されて起こった海防に関する論議。工藤平助・林子平らの北辺防備論、佐藤信淵・佐久間象山および水戸学の海防論など、幕末に特に隆盛となった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海防論
かいぼうろん

江戸後期、外国勢力の日本進出をいかにして阻止するかを説いた国土防衛論。海に囲まれた島国日本の国防論は、海防論として展開した。当時日本は鎖国下にあったが、とくに沿岸武備体制を敷いていたわけではなかった。しかし18世紀後半のロシア南下問題を契機として、識者の間に海防論が蝦夷(えぞ)地問題と絡んで盛んになった。まず仙台藩医の工藤平助(くどうへいすけ)は『赤蝦夷(あかえぞ)風説考』を著し、国防上・経済上の見地から蝦夷地開発およびロシアとの交易を主張、とくに、交易すればロシアの国情や人情がわかり、対策がたてやすくなることを指摘している。ついで林子平(しへい)は『海国兵談』『三国通覧図説』を著し、海軍の振興と大砲の整備充実を唱え、沿岸防備と蝦夷地開発の必要性を強調した。これに対して時の老中松平定信(さだのぶ)は、蝦夷地を開発せず不毛のままにしておくほうが、日本とロシアとの緩衝地帯になって国防上有益だと述べている。工藤平助の説は、のち本多利明(としあき)(『経世秘策』)や佐藤信淵(のぶひろ)(『混同秘策』)らによって継承発展され、受け身の海防策ではなく、むしろ貿易と海外植民地経営を積極的に推進すべきことが主張された。このほか当時の海防論としては、山鹿素水(やまがそすい)の『海備全策』、赤井東海の『海防論』、古賀(どうあん)の『海防臆測(おくそく)』などがある。しかし諸外国の船が日本近海を盛んに脅かす幕末期が近づくと、蝦夷地問題や貿易問題の是非に関係なく、沿岸武備充実の急務が叫ばれるようになり、やがて幕末期には、攘夷(じょうい)論や開国論へと展開していった。[竹内 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海防論の関連キーワード清水焼洋画日本研究ナミベ強国洋語咽頭化核持ち込み密約大西洋クロマグロ《日本への遺書》

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海防論の関連情報