宮田真津根(読み)みやた まつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮田真津根 みやた-まつね

1814-1871 江戸時代後期の武士。
文化11年生まれ。安芸(あき)広島藩士で,用人格。文久3年(1863)の洋式軍制への改革に尽力。同年武具奉行となり,薩摩(さつま)鹿児島藩との交易交渉にあたった。明治4年1月30日死去。58歳。名は正経。通称ははじめ権三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android