正経(読み)せいけい

精選版 日本国語大辞典「正経」の解説

せい‐けい【正経】

〘名〙
① 正しい儒学道を伝えた書物。〔詩譜‐序〕
② 正しいみち。正しい道理、筋道。本筋。
※自由之理(1872)〈中村正直訳〉五「蓋し許多(あまた)の場合に於て、一箇の人、その志す正経(〈注〉ホンスジ)の事を勉修するが為に、他人をして、心痛を覚へ、損害を受しむる事あり」
③ (形動) 行動の正しいこと。まともなこと。また、そのさま。まじめ。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉九「高尚なる包弁者(〈注〉ひきうけにん)は、その承当したる事件を、正経(〈注〉マジメ)に成し完(まったう)する事を以て務とせり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android