コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正経 セイケイ

デジタル大辞泉の解説

せい‐けい【正経】

[名・形動]
正しいみち。行動などの正しいこと。また、そのさま。
「承当したる事件を、―に成し完(まっとう)する事」〈中村訳・西国立志編
東洋医学で、六臓六腑気血を循環させる12の経脈。→十二経奇経

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいけい【正経】

正しいみち。正道。 「 -ならざる利を得んことを謀るものあり/西国立志編 正直

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

正経の関連キーワード岐阜競輪場の不正経理問題県警の捜査費不正支出疑惑カルチョ・スキャンダルユベントス八百長疑惑県庁・県警の不正経理ワールドコム[会社]会津藩主松平家墓所日英通商航海条約コンプラ倒産12月27日会計監査人保田信六郎独立宣言書宮田真津根渡辺荒陽奇経八脈秋草篤二エンロン磐城平藩経営規模

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正経の関連情報