コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家の集 イエノシュウ

デジタル大辞泉の解説

いえ‐の‐しゅう〔いへ‐シフ〕【家の集】

勅撰集などに対して、個人の和歌を集めた歌集私家集(しかしゅう)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いえのしゅう【家の集】

個人の歌集。家集。勅撰集・私撰集などの撰集に対して私家集をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の家の集の言及

【私家集】より

…ふつう近世以前の歌集についてのみいう。古くは家の集(いえのしゆう),家集(かしゆう)といい,また,集(しゆう)とも呼ばれ,勅撰・私撰和歌集のような多人数の歌を集めたものと区別される。現存する私家集は近世期まで加えれば膨大な数に上る。…

※「家の集」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

家の集の関連キーワードファン・コニンクスローアンシクロペディストブレーン・トラストエコール・ド・パリエコール・ド・パリグリニッジビレジ47年グループロシア国民楽派フュウザン会具体美術協会ノーウォークアカデミズムファットーリサロンドメまき・まけ竹林の七賢文鏡秘府論農業法人ペナテス相撲茶屋

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

家の集の関連情報