コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家並(み) イエナミ

デジタル大辞泉の解説

いえ‐なみ〔いへ‐〕【家並(み)】

[名]
家が並んでいること。やなみ。「古い家並みの続く旧街道」
家ごと。軒並み。戸ごと。副詞的にも用いる。「この一帯は家並み空き巣にやられた」
[名・形動ナリ]よその家と同じ程度であること。また、そのさま。世間なみ。
「是もって―にて候」〈咄・きのふはけふ・下〉

や‐なみ【家並(み)/屋並(み)】

立ち並んでいる家。また、その並び方。いえなみ。
家ごと。また、どの家もみな軒並み。「―に配って歩く」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

家並(み)の関連キーワードボートンオンザウオータームスチエサントマリーフドゥルルックの丘ビニヤードヘイブンファラフラオアシス富山県高岡市金屋町サンシルラポピーゲディミナス通りウェルニゲローデクロナキルティーエメラルドヒルジュマルクズクグロジュニャンカークウォールビーコンヒルせせこましい大石田[町]アモルゴス島家数人馬改帳ポルタレグレ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android