コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家並(み) イエナミ

デジタル大辞泉の解説

いえ‐なみ〔いへ‐〕【家並(み)】

[名]
家が並んでいること。やなみ。「古い家並みの続く旧街道」
家ごと。軒並み。戸ごと。副詞的にも用いる。「この一帯は家並み空き巣にやられた」
[名・形動ナリ]よその家と同じ程度であること。また、そのさま。世間なみ。
「是もって―にて候」〈咄・きのふはけふ・下〉

や‐なみ【家並(み)/屋並(み)】

立ち並んでいる家。また、その並び方。いえなみ。
家ごと。また、どの家もみな軒並み。「―に配って歩く」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

家並(み)の関連キーワードボートンオンザウオータームスチエサントマリービニヤードヘイブンファラフラオアシスコンセプシオンの丘富山県高岡市金屋町フドゥルルックの丘クロナキルティーゲディミナス通りウェルニゲローデアイヌ民族博物館サンシルラポピーグロジュニャンジュマルクズクエメラルドヒルボニファーチョカークウォールピリエス通り家数人馬改帳アモルゴス島

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android