軒並(読み)ノキナミ

  • のきならび

デジタル大辞泉の解説

家が軒を連ねて並び建っていること。家並み。「宿場町の古い軒並み
並んでいる家の一軒一軒。家ごと。「刑事が軒並みに聞いてまわる」
(副詞的に用いて)どこもかしこも。どれもこれも。「不況で企業は軒並み経営不振だ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① ある家と別の家とが、軒を接していること。また、その家。隣りどうしである家。隣家。のきならび。
※歌舞伎・彩入御伽草(おつま八郎兵衛)(1808)序幕「いつの間にか八郎兵衛を聟にして、軒(ノキ)なみの三郎兵衛を馬鹿にさっしゃるの」
② 多くの家が軒を接して建ち並んでいること。また、その家々。家並み。転じて、まわりの家々。界隈。のきならび。
※柏玉集(1527頃)「山風の空ふきはらふたえまより軒なみしろきさみだれの空」
③ (隣接するものが全部の意で、副詞的にも用いる) どこもかしこもみな。また、どれもこれもみな。
※明治大正見聞史(1926)〈生方敏郎〉大正十年歳晩記「お廻りさん自身が軒並お勝手口から訪問して、台所の上げ板を上げさせ」
〘名〙
※私聚百因縁集(1257)九「軒並(ノキナラヒ)の壁なんどふすぼり燋」
※浮世草子・日本永代蔵(1688)二「呉服町の肴棚かりて、上々吉諸白の軒(ノキ)ならびには出しけれ共」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特任教授

大学・研究機関で特定有期雇用教員について、便宜上「教授」などの名を付したもの。外部研究資金によるプロジェクト等により、講座を開いたり学生の指導をしたりなど、特別の必要があるとき、期間を限って教員を特別...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android