家事審判法(読み)カジシンパンホウ

  • かじしんぱんほう ‥ハフ
  • かじしんぱんほう〔ハフ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 人の身の上に関する法律的事項や家庭内の紛争などについて、家庭裁判所が行なう審判と調停の手続きを定めた法律。昭和二二年(一九四七)公布。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の家事審判法の言及

【非訟事件】より

…非訟事件という命名は,争訟性がないというところからつけられたものであるが,現実には争訟性の低いものから高いものまであり,その性格は一様ではない。具体的にいかなる事件が非訟事件であるかは,非訟事件手続法(1898公布)や家事審判法(1947公布)によって規定されているが,このような実定法の規定を超えて非訟事件の本質がなんであるかについては見解が対立している。 訴訟事件を処理する訴訟手続は民事訴訟法によって規定され,非訟事件を処理する非訟手続は,非訟事件手続法や家事審判規則で定められている。…

※「家事審判法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android