コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家事事件手続(き)法 カジジケンテツヅキホウ

デジタル大辞泉の解説

かじじけん‐てつづきほう〔‐てつづきハフ〕【家事事件手続(き)法】

家事審判および家事調停に関する事件の手続きについて定めた法律。平成23年(2011)施行
[補説]家事審判法を現代化したもので、記録の閲覧や陳述聴取等の手続きに関する規定の整備や、電話・テレビ会議システムの導入等による利便性の向上などが図られている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

家事事件手続法
かじじけんてつづきほう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

家事事件手続(き)法の関連キーワード子どもの手続代理人制度嫡出否認の訴え審判(法律)認知の訴え家庭裁判所審判離婚精神鑑定判決離婚民事調停履行確保手続法参与員調停過料離縁離婚補説和諧

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android