コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家刀自 イエトウジ

デジタル大辞泉の解説

いえ‐とうじ〔いへ‐〕【家刀自】

いえとじ」の音変化。
「疎き人にしあらざりければ、―杯ささせて」〈伊勢・四四〉

いえ‐とじ〔いへ‐〕【家刀自】

《「とじ」は女性の尊称》その家の主婦内儀。いえとうじ。
「今はからずも、朝稚(ともわか)は、庭門に撓(めぐ)り入りて、是なん―なるべくおぼせしかば」〈読・弓張月・後〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いえとじ【家刀自】

〔「とじ」は婦人の尊称〕
一家の主婦。いえのとじ。いえとうじ。 「 -、家長いえぎみに告げて曰はく/霊異記 中訓注

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家刀自の関連キーワード杜氏(とうじ)大伴坂上郎女三家家刀自労き・病き耳挟み勝ち長野女王渡らひ心霊異記万葉集刀自労き美相

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android