コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家城太郎次 いえき たろうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

家城太郎次 いえき-たろうじ

?-? 江戸時代前期の商人。
寛永6年(1629)ごろ京都から江戸にいき,常盤橋(ときわばし)のたもとで呉服の立ち売りをした。これが日本橋呉服商の始まりであるという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

家城太郎次の関連キーワード産経新聞租税危害犯デメトリオス[1世]アンチオコス5世概数否認権有価証券偽造罪労働審判液化石油ガスLPG

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android