宿儺(すくな)かぼちゃ

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

宿儺かぼちゃ[果菜類]
すくなかぼちゃ

東海地方、岐阜県の地域ブランド。
主に高山市丹生川地区で生産されている。古くから、自家用野菜として栽培が続けられていた。現在では、自家採種の利用を制限し、選抜固定化した種子を配布するなどして生産安定化の取り組みがおこなわれている。栗かぼちゃの一種。ヘチマのような形をしており、薄皮で甘みが強い。収穫期は8月から10月。2001(平成13)年、両面宿儺の伝説にちなんで、宿儺かぼちゃと名づけられた。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android