コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寂厳 じゃくごん

1件 の用語解説(寂厳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寂厳 じゃくごん

1702-1771 江戸時代中期の僧。
元禄(げんろく)15年9月17日生まれ。真言宗。9歳で出家し,密教をまなぶ。元文元年京都蓮華峯(れんげぶ)寺の曇寂(どんじゃく)に悉曇(しったん)(梵語)学をまなび,印可をうける。寛保(かんぽう)元年備中(びっちゅう)(岡山県)宝島寺の住職となり,のち長谷寺の常明(じょうみょう)から地蔵院流の奥義をうけた。明和8年8月3日死去。70歳。備中出身。俗姓は富永。字(あざな)は諦乗(たいじょう)。著作に「悉曇字記大観」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

寂厳の関連キーワードお蔭参り山岡浚明寂巌ウィリアム岩村藩アン女王ウィリアムアン自伝自伝文学

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone