コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曇寂 どんじゃく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

曇寂 どんじゃく

1674-1742 江戸時代前期-中期の僧。
延宝2年生まれ。真言宗。備後(びんご)(広島県)の人。京都蓮華峯(れんげぶ)寺の禅杲(ぜんごう)にまなぶ。宝永4年同寺をつぐ。「大日経疏私記」「金剛頂経私記」などおおくの著作があり,地蔵院流の碩学(せきがく)として知られた。弟子に常明(じょうみょう),寂厳(じゃくごん)らがいる。寛保(かんぽう)2年11月11日死去。69歳。俗姓は牧野。字(あざな)は慧旭。号は達摩扇底。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

曇寂の関連キーワードシバージーシバージー農業革命ボアローマラータ王国エクルズフランス東インド会社白河藩ルソー(Jean-Jacques Rousseau)加藤盤斎

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone