コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富の久蔵 とみの きゅうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富の久蔵 とみの-きゅうぞう

落語「富久」の主人公。
江戸日本橋の幇間(ほうかん)。酒の失敗で旦那をおこらせくすぶっているときに富札をかう。旦那の家の近くの火事にかけつけ出入りをゆるされるが,その間に自分の長屋が火事にあう。富札は千両あたるが,肝心の札がやけてしまったとがっかりしていると,近所の鳶頭(とびかしら)が札のはいった神棚をはこびだしてくれていたことがわかる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android