コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富本銭(ふほんせん) ふほんせん

1件 の用語解説(富本銭(ふほんせん)の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

富本銭(ふほんせん)

奈良県明日香村飛鳥池遺跡1999年に鋳造途中のものなど33点が出土。和同開珎(わどうかいちん)より古く、「最古の通貨か」と注目される銅銭。直径は平均2.4cmで、「富夲」の文字が四角い穴の上下にある。2001年10月に確認された群馬県藤岡市の上栗須(かみくりす)遺跡出土遺品を含め、飛鳥池以外では7枚確かめられただけで、通貨説には異論も出ている。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富本銭(ふほんせん)の関連キーワード飛鳥石神(いしがみ)遺跡飛鳥京庭園跡難波宮(なにわのみや)跡奈良・飛鳥の「国道」遺跡奈良・竹田遺跡古都飛鳥京跡真神原新漢済文

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone