コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富村勘右衛門(4代) とみむら かんえもん

2件 の用語解説(富村勘右衛門(4代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富村勘右衛門(4代) とみむら-かんえもん

?-1725 江戸時代中期の貿易商。
肥前有田(佐賀県)の陶磁器商人。手代の嬉野(うれしの)次郎左衛門,平戸の今津屋長右衛門と有田焼インドへの密輸出をおこなう。享保(きょうほう)10年両人の逮捕を知り,5月20日切腹したという。しかし,次郎左衛門らは勘右衛門とは関係なく,朝鮮人参の密貿易で捕らえられたとの説もある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

富村勘右衛門(4代)

没年:享保10.5.20(1725.6.30)
生年:生年不詳
江戸中期の陶磁器商人。初代源兵衛が,島津氏の一向宗弾圧を契機に鹿児島城下より肥前国伊万里(佐賀県)に逃れた。その後,同国有田大樽町に本拠を構えインド貿易を展開。同家は代々有田皿山の有力商人であり,庄屋なども務めた。4代勘右衛門は,有田焼の海外輸出を計画。そのため手代嬉野次郎左衛門が,平戸の今津屋長右衛門らとインドへの密輸出を共謀し巨利を博した。だが,次郎左衛門らが長崎奉行に逮捕されたことを知り,自ら切腹したとされる。しかし,次郎左衛門らの逮捕は,朝鮮への人参密売買が原因であり,有田焼密貿易と勘右衛門切腹の関連には再考を要する。

(岩崎義則)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富村勘右衛門(4代)の関連キーワード窯元罅焼伊万里屋五郎兵衛小西金兵衛田内梅軒田代助作辻喜右衛門野村屋甚兵衛畠源兵衛福島政兵衛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone