嬉野(読み)うれしの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三重県中部,松阪市北部の旧町域。雲出川の支流中村川流域にある。 1955年中郷村,豊地村,中川無村,豊田村,中原村の5村と宇気郷村の一部が合体,町制。 2005年松阪市,三雲町,飯南町,飯高町と合体して松阪市となった。地名はヤマトヒメノミコトが宇礼志野 (うれしの) と名づけたことにちなむ。南半分は丘陵性の山地,北半分は伊勢平野で,一志米を産し,野菜栽培や酪農が行なわれる。古代の豪族一志氏の本拠地であったとされ,市の中央部に一族の墓といわれる古墳群があり,なかでも向山古墳は国の史跡に指定され,埋蔵文化財の出土も多い。また,薬師寺には国の重要文化財の薬師如来像がある。工業化,住宅地化が進む一方,北部にはゴルフ場が多い。
佐賀県南西部,嬉野市南部の旧町域。嬉野川流域の小盆地にある。 1929年町制。 1955年吉田村と合体。 2006年塩田町と合体して嬉野市となる。嬉野温泉の歴史は古く,奈良時代の『肥前国風土記』に記事がある。温泉街は盆地の中央にあり,50軒以上の旅館が温泉郷を形成。嬉野川上流にはの滝がある。西端の皿屋谷に国指定天然記念物の嬉野の大チャノキがある。チャ () の栽培は室町時代に始まったもので,嬉野茶として知られ,海外にも輸出される。古くから有田窯業地の一角をなし,嬉野焼で知られたが,近代に入ってからも東部の吉田を中心に窯業が行なわれる。不動山に国の史跡の肥前磁器窯跡が残っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

佐賀県南部の地名。嬉野川に沿い、長崎街道の旧宿場町。茶・陶器の産地。嬉野温泉がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android