富田凸斎(読み)とみた てつさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富田凸斎 とみた-てつさい

1802-1860 江戸時代後期の和算家。
享和2年生まれ。上総(かずさ)武射郡(むしゃぐん)殿辺田(とのべた)村(千葉県山武郡芝山町)にすみ,近郷の人に儒学算術をおしえた。信濃(しなの)(長野県)松本の出身といわれる。万延元年6月7日死去。59歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android