富田凸斎(読み)とみた てつさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「富田凸斎」の解説

富田凸斎 とみた-てつさい

1802-1860 江戸時代後期の和算家。
享和2年生まれ。上総(かずさ)武射郡(むしゃぐん)殿辺田(とのべた)村(千葉県山武郡芝山町)にすみ,近郷の人に儒学算術をおしえた。信濃(しなの)(長野県)松本の出身といわれる。万延元年6月7日死去。59歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android