コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富重利平 とみしげ りへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富重利平 とみしげ-りへい

1837-1922 幕末-明治時代の写真家。
天保(てんぽう)8年4月15日生まれ。元治元年上野彦馬にまなび,慶応2年郷里の筑後(福岡県)柳川写真館を開業。明治2年熊本に移転。西南戦争に従軍した将官や兵士,また夏目漱石,小泉八雲らを撮影した。36年第5回内国勧業博覧会で3等賞。大正11年2月7日死去。86歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

富重利平

没年:大正11.2.7(1922)
生年天保8.4.15(1837.5.19)
明治大正期の熊本の写真師。柳川の出身。長崎で上野彦馬に写真術を学び,請われて熊本に開業,写真館は直系で今日も存続している。西南戦争の戦跡,鎮台の関係者,皇族のほか夏目漱石や小泉八雲ら文化人を撮影した。

(平木収)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

富重利平の関連キーワード明治時代写真家没年