富雄川(読み)とみおがわ

大辞林 第三版の解説

とみおがわ【富雄川】

奈良県の生駒山地北部に源を発し、生駒郡斑鳩いかるが町の東南端で大和川に合流する川。拾遺和歌集に伝える和歌で知られる。とみのおがわ。⦅歌枕⦆ 「いかるがやとみのを川のたえばこそわが大君のみ名を忘れめ/拾遺 哀傷

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔奈良県〕富雄川(とみおがわ)


奈良県北西部を流れる川。生駒(いこま)山地北部に源を発し、南流して斑鳩(いかるが)町と安堵(あんど)町の境で大和(やまと)川に合流する。1級河川(大和川水系)。延長約22km。大和郡山(やまとこおりやま)市付近では伏流水を利用した金魚養殖が行われる。古くは富小(とみお)川とも。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android