コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大和川 やまとがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大和川
やまとがわ

奈良県北部から大阪府にかけて流れる川。全長 64km。上流は初瀬川で,奈良盆地中部で,佐保川飛鳥川などの諸河川を合流し,生駒山地南麓峡谷をつくって西流し,大阪市と堺市の境界で大阪湾に注ぐ。元禄年間 (1688~1704) 以前は柏原市 (大阪府) から北流して淀川に注いでいたが,河内平野での氾濫が激しく,宝永1 (1704) 年江戸幕府の方針で河道を変えた。現在は堺市の上水道工業用水,流域の灌漑用水に利用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大和川

奈良県北東部の笠置山地を源流に、奈良盆地と大阪平野を経て大阪湾に注ぐ。延長68キロ、流域面積1070平方キロ。奈良盆地に都があった飛鳥時代は水路として活用された。江戸初期まで大阪平野を北流して淀川に合流していたが、1704年完成の工事で大阪市と堺市の間を流れる現在の流路に。国が1級河川の水質ランキング公表を始めた1972年以降、ワースト1位を11回、2位を23回記録している。

(2012-12-22 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

やまと‐がわ〔‐がは〕【大和川】

奈良県北部を西流する川。桜井市初瀬の北方に源を発して初瀬(はせ)川とよばれ、奈良盆地で佐保川と合流、金剛生駒(いこま)山地の間を通って、大阪・堺両市の境で大阪湾に注ぐ。長さ67キロ。もとは生駒山地のふもとを北流して淀川に合流していたが、宝永年間(1704~1711)に改修。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

大和川【やまとがわ】

奈良県北部の川。長さ68km。上流は笠置山地南部に発する初瀬(はせ)川で,奈良盆地で諸河川を合し,生駒山地南部の峡谷を通って大阪平野を経て,堺市の北で大阪湾に注ぐ。
→関連項目安堵[町]上町台地王寺[町]大阪[府]大阪[市]河合[町]剣先船狭山池住之江[区]難波津東住吉[区]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

やまとがわ【大和川】

福島の日本酒。純米大吟醸酒純米吟醸酒、大吟醸酒がある。平成9、17、22年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は自家栽培の山田錦、夢の香。仕込み水は飯豊(いいで)山の伏流水蔵元の「大和川酒造店」は寛政2年(1790)創業。所在地は喜多方市字寺町。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

大和川(やまとがわ)

福島県、合資会社大和川酒造店の製造する日本酒。平成22酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やまとがわ【大和川】

奈良県北部,大和高原の貝ヶ平山(822m)付近に源を発し,奈良盆地,大阪平野を経て大阪湾に注ぐ川。奈良盆地上流部では初瀬(はせ)川と呼ばれ,佐保川飛鳥川竜田川など奈良盆地の諸河川を合わせたのち生駒・金剛山地を横断して大阪平野に出る。幹川流路延長68km,全流域面積1070km2。古くは大阪府柏原(かしわら)市より北流して,長瀬川,玉串川のルートをたどって大阪城の北部で淀川と合流していた。この合流点付近は古代以来しばしばはんらんを繰り返し,洪水防止と新田開発のために1704年(宝永1)に流路が付け替えられ,以後は現在のように大阪市と堺市の境界をなす流路となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

やまとがわ【大和川】

奈良県北部、笠置かさぎ山地に発し、西流して大阪湾に注ぐ川。長さ68キロメートル。上流は初瀬川と呼ばれる。奈良盆地中央で、佐保川・葛城川・富雄川などを合して大和川となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔奈良県(大阪府)〕大和川(やまとがわ)


奈良県北部から大阪府中部を流れる川。1級河川(大和川水系)。延長68km。流域面積1070km2。笠置(かさぎ)山地南部に源を発し、西流して奈良盆地で佐保(さほ)川などの支流を合わせ、生駒(いこま)山地と金剛(こんごう)山地の間の亀瀬(かめのせ)の狭隘(きょうあい)部を横断して大阪平野に流れ下り、大阪・堺(さかい)両市境で大阪湾に注ぐ。上流部は初瀬(はせ)川とも。古代から大阪湾岸と大和(奈良県)を結ぶ重要な輸送路。下流部はかつて北流して淀(よど)川に合流したが、水害防止と新田開発のため江戸時代初期に現在の河道が開削された。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大和川
やまとがわ

奈良県北部、大阪府中南部を西流する川。一級河川。源を大和高原南西部の桜井市大字小夫(おうぶ)地先に発し、奈良盆地を南東隅から北西流し、大和郡山(こおりやま)市額田部(ぬかたべ)南町付近で佐保(さほ)川と合流する。近年までこの合流点より上流を初瀬(はせ)川とよんでいた。ここから西へ流路を転じ、寺川、曽我(そが)川、富雄(とみお)川、葛下(かつげ)川など盆地内の諸支流を集め、奈良、大阪の県府境を南北に走る生駒(いこま)、金剛(こんごう)両山地の亀ノ瀬(かめのせ)峡谷を先行性河川として横切り、大阪府柏原(かしわら)市で大阪平野に流入する。さらに石川、東除(ひがしよけ)川などの支流をあわせ、堺(さかい)市と大阪市の境で大阪湾に注ぐ。延長67キロメートル。宝永(ほうえい)年間(1704~1711)まで大和川は柏原市より北へ流れ、大阪城の北東部で淀(よど)川に合流していた。古来、奈良盆地と大阪平野を結ぶ重要ルートで水運が利用され、近世奈良の魚梁(やな)船、大坂剣先(けんさき)船が活躍したが、1892年(明治25)大阪鉄道(現在のJR大和路線)の開通によって姿を消した。[菊地一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大和川の言及

【河内国】より

…大化改新時には畿内国の一部を占め,独立した一国ではなかったが,その後7世紀後半までに畿内を構成する一国としての河内国が成立した。 河内国の地域は東に生駒・金剛山地,北は淀川,南は和泉山脈に囲まれ,大部分は淀川と大和川の沖積地で,早くから開発が進められ良質の耕地が存在した地であった。また西に瀬戸内海を控えて水上交通の利点もあったため,大和朝廷は伝応神陵をはじめとし5世紀から6世紀にかけての巨大古墳の集中する古市古墳群の地域を全国支配や朝鮮半島進出の絶好の根拠地とし,積極的にこの地の支配にあたった。…

【剣先船】より

…近世,大和川筋を航行した川船。享保年間(1716‐36)には古剣先船211艘,新剣先船100艘,在郷剣先船78艘,古大和川筋井路川船100艘,計489艘があり,働き場は上流は大和・河内境の亀ノ瀬と支流石川の富田林から,下流の大坂京橋までとされた。…

【菱屋新田】より

…現在の大阪府東大阪市の西部に位置した。1704年(宝永1)の大和川付替工事にともなって旧川床に開発され,菱屋東新田(若江郡菱江川筋),菱屋中新田(同郡楠根川筋),菱屋西新田(渋川郡久宝寺川筋)の3新田に分かれている。開発者は若江郡新家村菱屋岩之助で,04年に着工,08年に竣工した。…

※「大和川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大和川の関連キーワード奈良県磯城郡川西町福島県喜多方市寺町大阪府柏原市安堂町大阪府大阪市平野区奈良県生駒郡安堵町大阪府柏原市上市餌香市・会賀市河内長野[市]鴻池新田会所跡大阪府堺市北区大阪府堺市堺区大阪府柏原市住之江[区]東大阪[市]東住吉[区]柏原[市]安堵[町]八木栄次郎住吉[区]河合[町]

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大和川の関連情報