コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富高 とみたか

2件 の用語解説(富高の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富高
とみたか

宮崎県北部,日向市の中心市街地江戸時代にはこの地に日田 (ひた。現大分県) 代官の手代所 (陣屋ともいう) がおかれ,日向の天領 (臼杵郡5村,児湯郡 10村,諸県郡4村,那珂郡8村,宮崎郡2村,合計 29村,禄高2万 7000石) を管理した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富高
とみたか

宮崎県北部、日向(ひゅうが)市の中心地区。旧富高町。古代荘園(しょうえん)の記録では「宇佐宮弥勒寺(うさぐうみろくじ)領富高三十町」とある。江戸時代は天領で、日田(ひた)の代官所(西国筋郡代役所)の配下として手代所(陣屋とよぶ)が置かれた。支配したのは臼杵(うすき)郡5村、児湯(こゆ)郡10村、諸県(もろかた)郡4村、那珂(なか)郡8村、宮崎郡2村の29村、2万7000石であった。1868年(明治1)富高県となったが、同年日田県に合併された。今日、日向延岡(のべおか)新産業都市として市街地が発展している。[横山淳一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の富高の言及

【日向[市]】より

…市域中央を塩見川が東流し,河口部に牧島山,米ノ山からなる陸繫島をつくる。市街地は江戸時代に天領の手代所(陣屋)があった富高(とみたか)を中心に発展し,日豊本線,国道10号線が通り,国道327号線を分岐する。江戸初期は延岡藩領,1692年(元禄5)南部の美々津(みみつ),幸脇(さいわき)を除く地域が天領になった。…

※「富高」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

富高の関連キーワード宮崎県日向市北町宮崎県日向市幸脇宮崎県日向市塩見宮崎県日向市中町宮崎県日向市浜町宮崎県日向市原町宮崎県日向市日知屋宮崎県日向市細島宮崎県日向市本町宮崎県日向市美々津町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

富高の関連情報