コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寒冷障害 かんれいしょうがい freezing injury; cold injury

1件 の用語解説(寒冷障害の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寒冷障害
かんれいしょうがい
freezing injury; cold injury

全身が低温にさらされて体温が 30℃以下になると,人間は感覚を失い,やがて嗜眠,昏睡に陥り,脈拍,呼吸も次第に弱くなって,ついには凍死する。超低温ではしばしば組織液の凍結を伴い,氷点付近の低温環境では,局所に凍傷と浸足病が起きてくる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寒冷障害の関連キーワード野晒しレイノー現象描サラササラサ形サラサ紙サラサ革変温性ビオレ さらさらUV低体温低体温症 (hypothermia)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone