コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寒天培養基 かんてんばいようきagar medium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寒天培養基
かんてんばいようき
agar medium

寒天培地ともいう。細菌糸状菌 (カビ) 類を培養する場合に適当な養料を調製し,これに寒天 (通常 1.5%程度) を加えて固まらせたもの。寒天はその成分が分解されにくいので,微生物はその上に形よく伸長して,よく培養の目的を達することができる。ガラス皿 (シャーレ) に円板状につくり,あるいは試験管を斜めにして斜面培地 (スラント) とする。寒天の代りにゼラチンを用いる場合もあるが,ゼラチンは蛋白質なので,それ自体が細菌などに消化されると,培養基の形がくずれてしまう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かんてん‐ばいようき〔‐バイヤウキ〕【寒天培養基】

寒天培地

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

寒天培養基の関連キーワードアルスロボトリス溶血性レンサ球菌遠藤 滋根粒細菌コレラ菌培養液枯草菌

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android