寒天培養基(読み)かんてんばいようき(英語表記)agar medium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寒天培養基
かんてんばいようき
agar medium

寒天培地ともいう。細菌糸状菌 (カビ) 類を培養する場合に適当な養料を調製し,これに寒天 (通常 1.5%程度) を加えて固まらせたもの。寒天はその成分が分解されにくいので,微生物はその上に形よく伸長して,よく培養の目的を達することができる。ガラス皿 (シャーレ) に円板状につくり,あるいは試験管を斜めにして斜面培地 (スラント) とする。寒天の代りにゼラチンを用いる場合もあるが,ゼラチンは蛋白質なので,それ自体が細菌などに消化されると,培養基の形がくずれてしまう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かんてん‐ばいようき ‥バイヤウキ【寒天培養基】

〘名〙 寒天②に肉汁その他の養分をしみこませて固めた細菌の培養基。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android