寒山(読み)カンザン

デジタル大辞泉の解説

かん‐ざん【寒山】

草木が枯れ、寒々とした冬の山。

かんざん【寒山】[人名]

中国、唐代の僧。拾得(じっとく)とともに天台山国清寺(こくせいじ)を訪れ、豊干(ぶかん)に師事。三者を三隠と称した。文殊菩薩(もんじゅぼさつ)の化身とされる。禅画の「寒山拾得図」や「四睡図」に描かれる。詩集「寒山詩」3巻。生没年未詳。→寒山拾得

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんざん【寒山】

冬の、草木の枯れたものさびしい山。

かんざん【寒山】

中国、唐代の伝説的な詩僧。拾得じつとくとともに天台山国清寺に住し、その詩と称されるものが伝えられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の寒山の言及

【寒山・拾得】より

…中国,唐代の隠者,詩人である寒山と拾得のこと。9世紀ごろの人。…

※「寒山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寒山の関連情報