コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寒苦鳥 カンクチョウ

2件 の用語解説(寒苦鳥の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かんく‐ちょう〔‐テウ〕【寒苦鳥】

インドのヒマラヤにすむという想像上の鳥。夜に雌は寒苦を嘆いて鳴き、雄は夜が明けたら巣を作ろうと鳴くが、太陽が出ると寒さを忘れて怠ける。仏教では、怠けて悟りの道を求めない人間にたとえる。かんくどり。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんくちょう【寒苦鳥】

〘仏〙 インドのヒマラヤにすむという想像上の鳥。夜は寒さに苦しめられて朝になったらすみかを作ろうと思うが、朝になると寒さを忘れて、すみかなど作っても仕方ないと考えを変えるとされる。仏教では修行を怠る者のたとえに用いる。かんくどり。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone