終夜(読み)シュウヤ

  • よすがら
  • よもすがら
  • 終=夜

デジタル大辞泉の解説

一晩中。よどおし。よもすがら。「終夜高熱が続く」「終夜運転」「終夜営業」
[副]《「すがら」は接尾語》一晩中。よもすがら。
「冬は落葉深く積みて風吹く―物の囁(ささや)く音す」〈独歩・わかれ〉
[副]一晩中。夜どおし。よすがら。「終夜友と語り合う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 夕方から明け方までの間。夜の間じゅう。夜通し。一晩じゅう。夜もすがら。終宵(しゅうしょう)。副詞的にも用いる。
※家伝(760頃)上「相与言談、終夜忘疲」
※俳諧・嵯峨日記(1691)「昨夜の雨降つづきて終日終夜やまず」 〔論語‐衛霊公〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

終夜の関連情報