終夜(読み)しゅうや

精選版 日本国語大辞典「終夜」の解説

しゅう‐や【終夜】

〘名〙 夕方から明け方までの間。の間じゅう。夜通し。一晩じゅう。夜もすがら。終宵(しゅうしょう)詞的にも用いる。
※家伝(760頃)上「相与言談、夜忘疲」
※俳諧・嵯峨日記(1691)「昨夜の雨降つづきて終日終夜やまず」 〔論語‐衛霊公〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「終夜」の解説

よ‐すがら【終夜】

[副]《「すがら」は接尾語一晩中。よもすがら。
「冬は落葉深く積みて風吹く―物のささやく音す」〈独歩・わかれ〉

しゅう‐や【終夜】

一晩中。よどおし。よもすがら。「終夜高熱が続く」「終夜運転」「終夜営業」
[類語]夜通し夜もすがら一夜いちや一夕一夜ひとよ一晩一晩中夜っぴて

よ‐も‐すがら【終夜】

[副]一晩中。夜どおし。よすがら。「終夜友と語り合う」
[類語]終夜夜通し一夜いちや一夕一夜ひとよ一晩一晩中夜っぴて

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「終夜」の解説

【終夜】しゆうや

夜通し。〔左伝、宣十二年〕の餘師、軍することはず。に濟(わた)る。亦た夜聲り。

字通「終」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android