終夜(読み)シュウヤ

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐や【終夜】

一晩中。よどおし。よもすがら。「終夜高熱が続く」「終夜運転」「終夜営業」

よ‐すがら【終夜】

[副]《「すがら」は接尾語》一晩中。よもすがら。
「冬は落葉深く積みて風吹く―物の囁(ささや)く音す」〈独歩・わかれ〉

よ‐も‐すがら【終夜】

[副]一晩中。夜どおし。よすがら。「終夜友と語り合う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうや【終夜】

よどおし。一晩中。よもすがら。副詞的にも用いる。 「 -運転」 「 -雪が降り続いた」

よすがら【終夜】

( 副 )
〔「すがら」は接尾語〕
一晩中。夜どおし。夜もすがら。 「 -両個ふたりの運星蔽おおひし常闇とこやみの雲も晴れんとすらん/金色夜叉 紅葉

よもすがら【終夜】

( 副 )
〔「夜」に助詞「も」、接尾語「すがら」の付いた語〕
夜どおし。一晩中。よすがら。 ⇔ ひもすがら 「 -語る」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

終夜の関連情報