寛印(読み)かんいん

朝日日本歴史人物事典の解説

寛印

生年:生没年不詳
平安中期の天台宗の僧。願蓮房,丹後先徳と号した。丹波国多紀(兵庫県)波々伯部村の人。俗姓は紀氏,父は紀忠方。出家後比叡山に登り,源信に学ぶ。源信が中心となってはじめた「霊山院釈迦堂毎日作法」の結衆中に名がみえる。内供奉十禅師となったが,のちに妻帯している。晩年に丹後国に帰り,古寺に住んで往生極楽を願い,迎講を行った。寛印の息子の行円は京都祇園社感神院の権長吏となり,出身地の私領波々伯部村保司職を寄進している。<参考文献>虎関師錬編『元亨釈書』,『今昔物語集』15巻,『平安遺文』1398号,3414号

(西口順子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android