コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内供奉 ないくぶ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内供奉
ないくぶ

宮中の内道場供奉読師の役などをつとめる。中国,唐代の至徳1 (756) 年元皎が初めてなったといわれる。日本では宝亀2 (771) 年 10人の比丘朝廷から選ばれ十禅師と呼ばれたが,翌年,初めて内供奉の職がおかれたとき,兼職したので内供奉十禅師の名称がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ない‐ぐぶ【内供奉】

宮中の内道場に奉仕し、御斎会(ごさいえ)のときに読師(どくし)を、または天皇の夜居(よい)を勤めた僧職。十禅師の兼職で、諸国より高僧が選抜された。内供。供奉。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ないぐぶ【内供奉】

宮中の内道場に奉仕し、天皇の御斎会ごさいえの読師などの勤めをする僧。高徳の僧一〇人を選び任ずる。十禅師。供奉。内供ないぐ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

内供奉の関連キーワード清水寺(きよみずでら 京都市)桓算・寛算院体画宋之問劉仁願源信源仁霊仙真済円珍恵亮安慧学侶高徳延昌円仁最澄覚縁相応康済

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android