コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛胤法親王 かんいんほうしんのう

美術人名辞典の解説

寛胤法親王

伏見天皇皇子。延元2年勧修寺長吏に補せられ、翌年東大寺別当に任じられる。後安祥寺宮・小河宮と称された。天授2年寂(1376)、68才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寛胤法親王 かんいんほうしんのう

1309-1376 鎌倉-南北朝時代,後伏見天皇の第7皇子。
延慶(えんきょう)2年生まれ。真言宗勧修(かじゅう)寺にはいり,嘉暦(かりゃく)3年教寛から灌頂(かんじょう)をうける。建武(けんむ)4=延元2年(1337)同寺の長吏となり,東大寺別当をかねた。同年親王。その後,2度東大寺別当をつとめた。永和2=天授2年4月3日死去。68歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

寛胤法親王の関連キーワード尊信法親王後伏見天皇南北朝時代延慶

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android