コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六代御前物語 ろくだいごぜんものがたり

1件 の用語解説(六代御前物語の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ろくだいごぜんものがたり【六代御前物語】

中世の物語。平家一門の三位中将維盛は,10歳になる六代御前と8歳になる姫君との養育を北の方に託し,傅人(めのと)の斎藤五・斎藤六をとどめて都を落ちるが,一の谷の戦に大敗を喫し,熊野灘の沖で入水してしまう。北の方は2人の子を連れて隠れ忍んでいたが,北条四郎時政に知られて,六代が捕らえられる。頼朝の信用厚い高雄の文覚(もんがく)上人は北条に20日の猶予を乞い,頼朝を説得して六代を助けるために京を離れる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone