コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寝冷え ねびえ

4件 の用語解説(寝冷えの意味・用語解説を検索)

妊娠・子育て用語辞典の解説

ねびえ【寝冷え】

眠っている間に体が冷えてしまうことを指します。

出典|母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授)
Copyright(c) 2010 Mothers' and Children's Health and Welfare Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ね‐びえ【寝冷え】

[名](スル)眠っている間にからだが冷えたために起こる障害。その結果起こる感冒や腹痛などをいう。 夏》「蹠(あしうら)の白きまで子の―して/誓子

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ねびえ【寝冷え】

( 名 ) スル
睡眠中に布団をはいだりして体を冷やしたため、下痢や風邪などの症状を起こすこと。 [季] 夏。 《 紅さして-の顔をつくろひぬ /虚子 》

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寝冷え
ねびえ

睡眠中に体温が放散し冷気にさらされ、かぜをひいたり(普通感冒)下痢をおこすことをいい、大人にもあるが体温調節がうまくできない乳幼児に多くみられる。一般に小児は日中激しく活動して熱を多く発生させたまま眠り込むことが多いので、汗をかいてふとんをはいだりして熱の放射を図る必要があり、寝冷えをおこしやすい。似たものに入浴後の湯冷めがある。[山口規容子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寝冷えの関連キーワード凍え死に凍え死ぬ凍える底冷え寝息を窺う冷え冷え性冷え物見る間に湯冷め

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

寝冷えの関連情報