コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寡婦年金 かふねんきん

3件 の用語解説(寡婦年金の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寡婦年金
かふねんきん

国民年金の第1号被保険者自営業者など)の夫が死亡したとき,妻に対して支給される年金。死亡した夫の保険料納付期間と保険料免除期間の合計が 25年以上あり,10年以上の婚姻関係があるとともに夫に扶養されていた妻に対し,60歳から 64歳までの間支給される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

寡婦年金【かふねんきん】

一般的には主たる生計の維持者であった夫と死別した寡婦に支給される年金をいう。現行法では,国民年金法により25年以上保険料を納付またはその免除を受けた夫が死亡したとき,その夫によって生計を維持し,かつ10年以上婚姻関係を継続してきた65歳未満の妻に支給される(妻が60歳未満のときは60歳になったときの翌月から支給)。
→関連項目遺族年金国民年金

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

かふねんきん【寡婦年金】

自営業者などに対する国民年金の給付の一。保険料の受給権者の夫が死亡した場合に、一〇年以上婚姻を継続した妻に対して六〇歳から六五歳までの間支給される。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の寡婦年金の言及

【国民年金】より

…年金額(年額)は〈200円×保険料納付済月数〉である。(2)寡婦年金:第1号被保険者としての保険料納付済期間と保険料免除期間をあわせた期間が原則として25年以上ある夫が死亡した場合に,死亡当時夫により生計が維持され,10年以上婚姻関係が継続していた65歳未満の妻に60歳から支給される。年金額は,夫が生存していれば受給するはずであった第1号被保険者にかかる老齢基礎年金の額の3/4である。…

※「寡婦年金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

寡婦年金の関連キーワード直系家族理論生計費稼得主たる一人口ヘルスクラブ一般的安全認定バイパスライン委託管理漁港管理者

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

寡婦年金の関連情報