コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老齢基礎年金 ロウレイキソネンキン

2件 の用語解説(老齢基礎年金の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ろうれい‐きそねんきん〔ラウレイ‐〕【老齢基礎年金】

国民年金に加入し、一定期間保険料を納付した被保険者が一定年齢に達したとき給付される年金。支給を受けるには、原則として保険料納付期間と保険料免除期間の合計が25年以上必要となり、支給開始はおおむね65歳。→公的年金老齢厚生年金
[補説]同じ国民年金の障害基礎年金障害年金)・遺族基礎年金遺族年金)と併称するときなどに、単に「老齢年金」ということもある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人材マネジメント用語集の解説

老齢基礎年金

老齢基礎年金とは公的年金制度のひとつで、国民年金に加入していて受給要件を満たした人が、原則65歳に達してからもらえる年金のこと。
<老齢基礎年金の受給要件>
・保険料納付済期間と保険料免除期間の合計が原則25年以上であること(但し、保険料納付済期間と免除期間を合算しても25年満たなくとも、保険料納付済期間、免除期間及び合算対象期間を合わせて25年以上ある場合には老齢基礎年金を支給される)
・原則65歳以上であること
・旧法である被用者年金制度発足時は老齢基礎年金の納付期間は20年であったが、昭和36年に発足した国民年金制度の納付期間は、国民年金以外の年金制度は通算して20年、国民年金が含まれる場合は25年が必要になった。また、昭和61年の新
法により、納付期間が25年以上必要になった。この移行に伴い、以下のような特例が設けられた。
<昭和5年4月1日以前に生まれた者の特例>
対象:
○昭和5年4月1日以前に生まれた者
大正15年4月2日〜昭和2年4月1日 21年
昭和2年4月2日〜昭和3年4月1日 22年
昭和3年4月2日〜昭和4年4月1日 23年
昭和4年4月2日〜昭和5年4月1日 24年

<厚生年金保険の中高齢者の特例>
対象:
○40歳(女子は35歳)以後
○35歳以後の厚生年金保険の第三種被保険者
○船員任意継続被保険者
(このうち10年以上が船員任意継続被保険者以外の厚生年金保険の被保険者期間でなければならない)
〜昭和22年4月1日 15年
昭和22年4月2日〜昭和23年4月1日 16年
昭和23年4月2日〜昭和24年4月1日 17年
昭和24年4月2日〜昭和25年4月1日 18年
昭和25年4月2日〜昭和26年4月1日 19年

<被用者年金制度の加入期間の特例>
対象:
○昭和31年4月1日以前に生まれた者
〜昭和27年4月1日 20年
昭和27年4月2日〜昭和28年4月1日 21年
昭和28年4月2日〜昭和29年4月1日 22年
昭和29年4月2日〜昭和30年4月1日 23年
昭和30年4月2日〜昭和31年4月1日 24年

・平成19年の老齢基礎年金額は、
792,100円×{(保険料納付済月数+保険料半額免除月数×2/3+保険料全額免除月数×1/3)/ 40(加入可能月数)×12}
となっている。792,100円は物価スライドにより年々変更する。
・老齢基礎年金の受給開始年齢は原則65歳以上となっているが、受給資格期間を満たしている者については、本人からの請求により支給開始年齢を60歳まで繰り上げることができる。
請求可能対象者:
(1)被保険者期間を有していること
(2)60歳以上65歳未満であること(任意加入被保険者ではないこと)
に該当するものは、社会保険庁長官に支給繰り上げの請求をすることができる。但し、受給できる額は、65歳から本来受け取るべき老齢厚生年金の額から、政令で定める以下の率を引いた額になり、その額も生年月日により変化する。(平成19年
2月26日現在)
<昭和16年4月2日以降に生まれた者>
受給開始年齢 減額率
60月(60歳0月) 0.30
48月(61歳0月) 0.24
36月(62歳0月) 0.18
24月(63歳0月) 0.12
12月(64歳0月) 0.06

<昭和16年4月1日以前に生まれた者>
受給開始年齢 減額率
60歳以上61歳未満 0.42
61歳以上62歳未満 0.35
62歳以上63歳未満 0.28
63歳以上64歳未満 0.20
64歳以上65歳未満 0.11

・老齢基礎年金の受給開始年齢は原則65歳以上となっているが、受給資格期間を満たしている者については、本人からの請求に行うことにより支給開始年齢を繰り下げることができる。
請求可能対象者:
(1)被保険者期間を有していること
(2)65歳に達する前に老齢基礎年金を請求していないこと
(3)65歳に達したとき、以下の年金たる給付もしくは保険給付の受給権者ではないこと
・付加年金以外の国民年金法による他の年金給付
・老齢又は退職以外の支給事由による被用者年金各法による年金たる給付
(4)65歳に達した日から66歳に達した日までの間に上記の給付もしくは保険
給付の受給権者になっていないこと
に該当するものは、社会保険庁長官に支給繰り下げの請求をすることができる。
但し、受給できる額は、65歳から本来受け取るべき老齢厚生年金の額に、政令で定める以下の率を乗じた額になり、その額も生年月日により変化する。(平成19年2月26日現在)
<昭和16年4月2日以降に生まれた者>
65歳に達したときに受給権を
取得したもの 減額率
12月(66歳0月) 0.084
24月(67歳0月) 0.168
36月(68歳0月) 0.252
48月(69歳0月) 0.336
60月(70歳0月) 0.420

<昭和16年4月1日以前に生まれた者>
受給権を取得した日から支給繰下げの
申し出をした日までの期間 減額率
1年超2年に達するまでの期間 0.12
2年超3年に達するまでの期間 0.26
3年超4年に達するまでの期間 0.43
4年超5年に達するまでの期間 0.64
5年を超える期間 0.88

出典|(株)アクティブアンドカンパニー
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

老齢基礎年金の関連キーワード公的年金老齢年金年金基礎年金私的年金遺族基礎年金在職老齢年金制度障害基礎年金退職共済年金年金制度

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

老齢基礎年金の関連情報