寵辱(読み)ちょうじょく

精選版 日本国語大辞典「寵辱」の解説

ちょう‐じょく【寵辱】

〘名〙
① 愛されることとはずかしめられること。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
② 時めくこととはじの多いこと。名声と恥辱。得意と失意。栄辱。
※経国集(827)一〇・帰休独臥寄高雄寺空海上人〈小野岑守〉「寵辱驚難息、是非紛易似」 〔老子‐一三章〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「寵辱」の解説

ちょう‐じょく【×寵辱】

気に入られることと、はずかしめられること。
栄えることと、零落すること。名誉と恥辱。
「力を文武の道に労(つか)らし命を―の岐(ちまた)に懸け」〈露伴・二日物語〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android