恥辱(読み)チジョク

デジタル大辞泉の解説

ち‐じょく【恥辱】

体面・名誉などを傷つけること。はずかしめ。「恥辱を受ける」「恥辱に耐える」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ち‐じょく【恥辱】

〘名〙 体面や名誉などを傷つける不面目なこと。また、そのようなめにあわせること。はじ。はずかしめ。
※九暦‐逸文・承平七年(937)七月二九日「今日左大臣恒佐不参。時日依擬近奏不下、頗有恥辱気云々」
※彝倫抄(1640)「今に悪人の名をとりて、万世まで恥辱(チヂョク)にあひ玉ふ」 〔論語‐学而〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

恥辱の関連情報