寺地強平(読み)てらち・きょうへい

朝日日本歴史人物事典の解説

寺地強平

没年:明治8.12.7(1875)
生年:文化6(1809)
幕末明治期の蘭方医。福山藩士寺地幸助の次男。名は豊,字は子享,号は舟里。緒方洪庵と親交があり,福山藩主阿部正弘(幕府老中)に重用されて江戸の藩校誠之館に洋学科を創立させ,教授となる。安政2(1855)年8月関藤藤陰と北海道・択捉諸島を視察して開拓説を具申した。医学,理化学,本草学,西洋砲術に詳しく,福山地方に種痘を普及させたことでも知られる。明治3(1870)年には福山藩医学校付属同仁館病院長に就任した。<著作>『大砲使用軌範』『養生論』<参考文献>阪谷素「舟里寺地先生碑」(福山公園),『福山市史』中,『富士川游著作集』7巻

(江川義雄)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android