コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貿易銀 ボウエキギン

百科事典マイペディアの解説

貿易銀【ぼうえきぎん】

とも。明治政府が発行した1円銀貨。1871年,1875年発行の2種がある。メキシコ銀とアメリカ銀を日本の貿易市場から駆逐するために発行。初め全量416グレーンで,各開港場でのみ通用。1875年貨幣条例でこの名目を貿易銀と改め,全量420グレーンとした。1878年からは国内通用も認められたが,1888年通用禁止。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうえきぎん【貿易銀】

明治初期にメキシコ・ドル(洋銀)に対応して鋳造された1円銀貨。1871年(明治4)大阪に造幣寮竣成,本位貨幣1円銀は量目416トロイゲレーン(グレーン),銀9:銅1,洋銀と同量同質に定め鋳造に着手した。翌年5月新貨条例を発布して金貨を本位とし,先の本位銀貨は開港場の貿易用として制限なく洋銀と併用させた。本位金貨1円金貨は純分23.15トロイゲレーン,貿易用の1円銀貨は純分374.4トロイゲレーンで,この銀貨101円を本位金貨101円の割合と定め,金銀比価は1対16強である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぼうえきぎん【貿易銀】

貿易の便宜上、発行された銀貨。1871年(明治4)新貨条例で金本位制が採用されたが、アジア貿易では銀貨が通商上の通貨だったので、一円銀貨を発行し決済を目的として開港場に限って流通させた。98年通用廃止。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の貿易銀の言及

【銀本位制度】より

… 日本の近代貨幣制度は,1871年(明治4)5月の〈新貨条例〉に始まるが,そこでは世界の大勢にならって金本位制が採用された。同時に,当時の東洋市場における一般的支払手段であった洋銀と同じ品位・量目の1円銀貨(貿易銀)を発行し,貿易などの対外支払に使用した。78年にこの銀貨の国内一般通用が認められたため,事実上金銀複本位制となったが,金貨の流出と政府不換紙幣の大量発行によって金貨はほとんど流通しなくなり,さらに松方デフレ後の86年には,政府紙幣の平価による銀兌換(だかん)を開始したことによって,事実上銀本位制に移行し,97年の金本位制度採用にいたるまで継続した。…

※「貿易銀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

貿易銀の関連キーワードバンコ・デルタ・アジア(BDA)の北朝鮮資金ホセ・アンヘル グリア円(日本の貨幣単位)金子政吉(1)ユーロ・ダラー竹村 藤兵衛海舶互市新例金子 政吉BDA問題シャハト金本位制横浜銀行信牌

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

貿易銀の関連情報