コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺尾市四郎 てらお いちしろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺尾市四郎 てらお-いちしろう

1807-1878 江戸後期-明治時代の陶工。
文化4年生まれ。尾張(おわり)瀬戸の2代川本治兵衛の弟子。安政3年近江(おうみ)(滋賀県)彦根藩湖東窯の職人頭となる。文久2年廃窯となると尾張にかえり,愛知郡川名に窯をひらいて加藤新七の川名焼を再興した。五郎(朗)焼ともいう。明治11年6月10日死去。72歳。名は市四朗ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

寺尾市四郎の関連キーワード明治時代陶工

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android