寺尾 亨(読み)テラオ トオル

20世紀日本人名事典の解説

寺尾 亨
テラオ トオル

明治・大正期の国際法学者 東京帝大法科大学教授。



生年
安政5年12月29日(1859年)

没年
大正14(1925)年9月15日

出生地
筑前国住吉村(福岡県)

学歴〔年〕
司法省法律学校卒

学位〔年〕
法学博士

経歴
横浜裁判所判事より、明治23年帝大法科大学(東京帝大法科大学)助教授に転じ、24年教授に就任。27年文部省留学生としてベルギーに留学し、国際公法を専攻。28年帰国後、同大学教授として国際法講座を担当。32年ブリュッセル万国国際法会議に出席。日本の国際法学の開拓・運用に尽力した。またアジアの動向に関心を寄せ、33年北清事変に際して政府の外交方針を批判、日露開戦には対露同志会を作り民間で開戦論を組織した。44年辛亥革命には中国へ渡り、革命政府の法律顧問となる。45年東大を辞任。大正3年東京に政法学校を設立、中国人留学生の教育にあたる。また9年“内鮮融和”を目的とする同光会の相談役となった。著書に「国際私法」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

寺尾 亨 (てらお とおる)

生年月日:1859年12月29日
明治時代;大正時代の国際法学者。東京帝国大学教授
1925年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

統合型リゾート(IR)

Integrated Resortの略で、カジノや劇場、ホテルなどが一体となった施設。国会の超党派議員が提出したカジノ解禁法案はIRの整備を後押しする基本法案で、2014年に趣旨説明と質疑が行われたも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android