コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺松国太郎 てらまつ くにたろう

美術人名辞典の解説

寺松国太郎

洋画家。岡山県生。坦斎と号す。田中苔石・小山正太郎浅井忠に師事する。鹿子木孟郎に協力して関西美術院で教え、文展帝展で入選を重ねる。太平洋画会会員・国民美術協会会員・関西美術院名誉会員。日本画もよくした。昭和18年(1943)歿、68才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺松国太郎 てらまつ-くにたろう

1876-1943 明治-昭和時代前期の洋画家。
明治9年6月生まれ。33年上京し,小山正太郎の不同舎でまなぶ。39年から京都で浅井忠に師事し,浅井の没後は鹿子木孟郎(かのこぎ-たけしろう)に協力して関西美術院で後進を指導した。昭和18年12月死去。68歳。岡山県出身。岡山中学中退。号は坦斎。作品に「かげのひと」「櫛(くし)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

寺松国太郎の関連キーワード倉敷市立美術館

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android