コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺畑助之丞 てらはた すけのじょう

1件 の用語解説(寺畑助之丞の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺畑助之丞 てらはた-すけのじょう

1892-1970 大正-昭和時代の彫刻家。
明治25年11月19日生まれ。大正9年朝鮮総督府技師となり,新庁舎の建築彫刻を担当。また朝鮮美術展の評議員をつとめた。構造社をへて,昭和11年新構造社を結成,彫刻・工芸部の代表となった。昭和45年6月6日死去。77歳。富山県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。作品に「母と子」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

寺畑助之丞の関連キーワード黒人問題鉄鋼業自動車工業朝鮮映画イタリア映画永堀剛敏RCA市民運動醸造業中南米映画

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

寺畑助之丞の関連情報