寺畑助之丞(読み)てらはた すけのじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「寺畑助之丞」の解説

寺畑助之丞 てらはた-すけのじょう

1892-1970 大正-昭和時代の彫刻家
明治25年11月19日生まれ。大正9年朝鮮総督府技師となり,新庁舎の建築彫刻を担当。また朝鮮美術展の評議員をつとめた。構造社をへて,昭和11年新構造社を結成,彫刻・工芸部の代表となった。昭和45年6月6日死去。77歳。富山県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。作品に「母と子」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android