コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺請 テラウケ

デジタル大辞泉の解説

てら‐うけ【寺請】

近世、庶民がキリシタン信徒ではなく檀徒であることを、その檀那寺(だんなでら)に証明させた制度。
寺請状」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てらうけ【寺請】

江戸幕府がキリシタン禁圧の一環として設けた一種の登録制度。一人一人の民衆を特定の寺院の檀家とし、寺院に自寺の檀家であることを証明させたもの。キリシタン根絶後は一般庶民に対する支配監察のための制度として機能した。寺檀制度。檀家制度。
「寺請状」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

寺請の関連キーワードキリシタン用語集江戸時代(年表)キリスト教禁制浦上教徒事件宗門人別改帳不受不施派寺請制度賀茂清茂宗旨証文檀家制度鎮守の神宗旨手形寺檀制度廃仏棄釈寺請証文神社合祀五人組過去帳宗門改寺証文

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android