大儀(読み)たいぎ

精選版 日本国語大辞典「大儀」の解説

たい‐ぎ【大儀】

〘名〙
① 重大な儀式。国家の儀式で、官人すべてが参列するもの。元日朝拝・即位礼および外国使節接見など。⇔小儀
※延喜式(927)四五「大儀 謂元日即位及受蕃国使
※太平記(14C後)二七「当年三月七日に行ふべしと沙汰有しか共、大儀事行はれず」
② 表立った儀礼的な催し事。大がかりな法要や演能。
※花鏡(1424)序破急之事「序破急の心得、大義の申楽より初めて、酒盛、又はかりそめの音曲の座敷までも、次第次第を心得べし」
③ (形動) 重大な事柄。大きな政治的事件や騒乱。大事なこと。また、そのさま。
※太平記(14C後)九「御上洛候て後、大儀の御計略を回(めぐ)らさるべし」
④ (形動) 経費のかかる事柄。経費を多くかけること。ふんぱつすること。また、そのさま。
※虎明本狂言・三本柱(室町末‐近世初)「大儀な御ふしんも大かたすむ」
⑤ (形動) やっかいなこと。困惑すること。めんどくさいこと。また、体調が悪くてつらいこと。また、そのさま。
※吾妻鏡‐仁治二年(1241)一一月三〇日「武衛斟酌、頗似大儀
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)一五「今朝は化粧をするのも太義(タイギ)だ」
⑥ (形動) 他人の骨折りをねぎらい慰労することば。ごくろうさん。御苦労。
※大観本謡曲・葵上(1435頃)「唯今の御出で御大儀にて候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「大儀」の解説

たい‐ぎ【大儀】

[名・形動]
即位式朝賀など、朝廷で行われる最も重要な儀式。大典。→中儀小儀
重大な事柄。大事なこと。「大儀の前の小儀」
やっかいなこと。また、そのさま。おっくう。めんどう。「今から出かけるのは大儀だ」
疲れなどのため何もする気になれないこと。また、そのさま。「すわっているのも大儀そうに見える」
他人の労をねぎらうときに用いる語。ご苦労。
「『―じゃ』と、利仁が声をかける」〈芥川・芋粥〉
費用のかかること。また、そのさま。
「縁付きの時分、さのみ―になきやうに、覚悟よろしき仕方なり」〈浮・胸算用・三〉
[類語](1栄典祝典祝儀祭典祭礼祭儀大祭大礼大典典礼盛儀儀式式典

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「大儀」の解説

【大儀】たいぎ

重大な儀礼。

字通「大」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android