コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対テロ戦争への取り組み たいてろせんそうへのとりくみ

1件 の用語解説(対テロ戦争への取り組みの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

対テロ戦争への取り組み

2001年の同時多発テロ事件以降、オーストラリアハワード前政権は対テロ戦争において米国と共同歩調をとってきた。その一環として、アフガニスタンには970人のオーストラリア軍兵士が駐留し、同国南部ウルズガン州を中心にISAF(国際治安支援部隊)や復興支援の活動に従事している。またイラクには、1575人のオーストラリア兵が派遣されており、そのうち約500人が同国南部に駐留しているほか、バクダッドのオーストラリア大使館の警備やイラク治安軍の訓練などの任務についている。06年10月には、アフガニスタンに展開する部隊が爆弾による攻撃を受け、複数の兵士が負傷し、1人が死亡した。アフガニスタン、イラクでは、これまで計3人のオーストラリア軍兵士が死亡しているが、直接攻撃による死亡は初のケースとなった。なお、07年11月に行われた総選挙では、ハワード政権のイラク政策に対する批判の高まりを背景に、イラクからの段階的撤退を主張する労働党が勝利した。しかしラッド首相は、撤兵に関しては同盟国と十分協議するとしており、イラク問題について対米配慮の姿勢をうかがわせている。

(竹田いさみ 獨協大学教授 / 永野隆行 獨協大学准教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

対テロ戦争への取り組みの関連キーワードブログレスキューロボット炭疽菌アメリカ同時多発テロ事件九・一一事件GZワールドトレードセンター英同時テロ事件9・11とアフガニスタン米同時多発テロ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

対テロ戦争への取り組みの関連情報